ICカードダス ドラゴンボール カードコラム 第43回目

このページでは、ICカードダス ドラゴンボールに収録されているカードを、アニメや映画やコミックのシーンと共に解説します。

第43回目 密かなる名脇役!? 審判が辿る天下一武道会の軌跡!

今回は「魔導師バビディ」の謀略の裏で行われた天下一武道会の激戦から、注目すべきワンシーンをご紹介します!
最初にご紹介するのは、なんとこのお方!

BT4-096 激戦を支えし 審判

天下一武道会の名脇役! 武道会の司会進行を兼任する「審判」です。
実はこの「審判」、「悟空」がもっと小さい頃に参加した武道会から、ずっとこの武舞台を陰で支えています。この武道会の「審判」は、参加した「悟空」たちの顔を見るや、懐かしい顔ぶれに晴れやかな笑顔を見せてくれました。
セル」との戦いで命を落とし頭に輪を浮かべていた「悟空」に驚きつつも、「オーケーオーケー!! ふしぎだが キミたちなら なんでもありだ!!」とあっけらかんとするさっぱりとした性格をしています。
そんな「審判」の秘めた能力は、自動発動のスキル!
自分のバトルエリアにノンスキルの「孫悟空」が出た時、カード1枚を引くことが可能です。
カードの能力も、「悟空」を陰から見つめて支えるようなものになっています。

BT4-095 クリリン

次に紹介するのは、「プンター」選手の腹部に容赦ない一撃を叩きこむ「クリリン」の雄姿です!
プンター」は小柄な「クリリン」を侮り挑発しますが、幼少期から「悟空」と共に「亀仙人」のもとで厳しい修行を積んできた「クリリン」の敵ではありません。
開始早々に場外を決める無駄のない妙技に、「審判」も満足げな視線を向けていました!

BT4-089 ミスター・サタン

続いて、天下一武道会といえば欠かせないこのお方!
チャンピオンの「ミスター・サタン」です!
魔導師バビディ」の悪行を止めるため、「悟空」を含む選手たちは相次いで会場から姿を消してしまいます。
そんな異例の事態に、「サタン」は決勝戦を盛り上げるためバトルロイヤルを提案!
お調子者で三枚目のきらいがある「サタン」ですが、観客に対するサービス精神は誰にも負けません!
このカードのイラストでも、バトルロイヤルで相対した「18号」を威嚇するように、シャシャッと名人芸を見せつけています!
サタン」の人気の秘密は、こうしたファンサービスを欠かさないパフォーマンスに長けた一面も貢献しているのでしょう。

BT4-094 人造人間18号

最後は「人造人間18号」! なんとパワーは25000!
サタン」を放置して「マイティマスク」と空中戦を繰り広げた勇ましい姿が描かれています!
その激しい攻防の末、最後は「サタン」と相対しました。勝ちの名誉を譲る代わりに、賞金倍額の2000万ゼニーをもぎ取るといった計算高い一面もあります!

今回は、天下一武道会の様々な一面をご紹介しました!
コミカルなものからクライマックスの名シーンまで、色あせない『ドラゴンボール』の世界を『ICカードダス ドラゴンボール』でぜひ体感してみて下さい!

遊び方/デッキ紹介
  • いいね!
  • google+
  • ツイート